WEB配信視聴無料不妊治療を受けやすい休暇制度等導入支援セミナー

Aboutセミナーについて

さまざまな企業で、社員が不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりに取り組む動きが広がっています。そうした職場づくりをすることによって、離職の防止や、社員の安心感やモチベーションの向上、新たな人材を引き付けることなどにつながり、企業にとっても大きなメリットがあると考えられます。
企業が不妊治療のために利用できる休暇制度や両立支援制度を整備し、社員の事情に応じてサポートする姿勢を示すことは、本人にとっても、その企業で働くモラールアップにつながり、それに伴う生産性の向上が期待できます。

このため、不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりが望まれます。不妊治療と仕事の両立支援には、決められたやり方はありません。不妊治療は、一定の年齢層の女性のみに関わることでは決してなく、男性も女性も、また年齢に関わらず治療に取り組みたいという人がいます。そうした人にとって、必要な制度、環境の整備、社内風土作りを行うことが、企業には求められています。

これから不妊治療と仕事の両立支援に取り組もうと考えている企業においては、本セミナーがその推進の一助となれば幸いです。

Contents内容

  • 不妊治療と仕事の両立に関する現状や国の施策

    厚生労働省 雇用環境・均等局 雇用機会均等課長

    石津 克己 氏

  • 不妊治療とは、仕事の両立に必要なこと、医療的視点から

    公立大学法人横浜市立大学大学院 医学研究科 生殖生育病態医学講座(産婦人科学)  准教授

    倉澤 健太郎 氏

  • 「不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりのためのマニュアル」・「不妊治療と仕事の両立サポートハンドブック」の活用

    塩原公認会計士事務所 特定社会保険労務士

    福島 通子氏

  • - 仕事と不妊治療の両立で悩むワーカーのために -
    制度・取組体制の整備に向けて

    オフィス永森 / 一般社団法人MoLive 代表

    永森 咲希氏

  • 不妊治療相談・支援事業者の立場から
    「企業における妊活支援とは」

    株式会社ファミワン 代表取締役

    石川 勇介氏

セミナー視聴申込ページへ進む